レーザー脱毛は必ずドクターが施術するのか

レーザー脱毛を決める理由として、病院でドクターがレーザー光の施術をしてくれるという安心感があります。

医療と皮膚の専門家でもあるドクターがレーザー光の施術をしてくれるのですから、そこにはエステにはない安心があります。レーザー脱毛という医療行為に関して、安心感は重要なポイントにもなってきます。病院でのレーザー光の照射は、ドクターの施術という考えで選ぶ人が多いです。しかし実際の病院では、レーザー光の照射を、ドクターが自ら担当をするとは限りません。美容クリニックはたくさんありますが、大手になるほどドクターは、脱毛を担当することは少なくなります。

レーザーでの脱毛を担当するのは、そのクリニックで働く看護師というパターンが多くなります。ドクターが照射を担当するのに安心を持って行くのに、看護師では意味がないと考えるかもしれませんが、施術前の診察などはドクターがしっかりするので、問題はありません。患者さんの希望や症状を診察をして、施術をする看護師にも内容を伝えます。

ですから照射自体を看護師がするにしても、脱毛の効果が低下することはないです。看護師によるレーザー光での脱毛をして、皮膚に何かトラブルを起こしたとしても、病院には常にドクターがいますので医療対応はドクターがすぐにやります。医療レーザーの脱毛を看護師が担当するからと言って、脱毛に不安を感じる必要もありません。やりなれている看護師の方が、レーザー脱毛が上手なこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *