にきびの予防と改善方法

にきびは思春期に出ることが多いですが、近年では大人のニキビも増えてきています。

出来やすい場所は皮脂の分泌の多い顔、背中、鼻などです。思春期にきびの原因は肌の表面に残った余分な皮脂成分によるものが多く、予防するには洗顔などにより皮脂をコントロールすることが大切です。洗顔は毎日行うことなので、正しく行うことで確実に効果を発揮します。洗顔法として、まず手を石鹸で入念に洗うことから始めます。手が汚れた状態で洗顔フォームを付けると逆効果になるので注意が必要です。

次にぬるま湯で汚れを洗い流していきます。その後石鹸をしっかり泡立てていきます。こうすることにより泡が毛穴の中の汚れを浮かし出す効果があります。顔を洗う際のポイントは泡で顔全体を軽くマッサージするように洗うことです。次に泡を完全に落とすようにしっかりすすいでいきます。最後にタオルで肌に刺激を与えないように水分を拭き取ります。

にきびを予防改善していくには、食生活にも目を向ける必要があります。外食では糖分や脂質が多くなりがちな為、栄養バランスの取れたメニューを選ぶようにすることが大事です。また、コーヒーやタバコ、アルコールといった嗜好品の類は体のストレスにもなり、にきびに悪影響を与えます。正しく予防していくには、睡眠にも気を付ける必要があります。睡眠中は肌の新陳代謝が活発に行われる為、午後の0時までに眠りにつけば肌のダメージが抑えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *