気になるニキビは適切な治療を受けるのがおすすめ

ニキビは青春のシンボルなどと言われ、中学生や高校生の思春期の年代にできるものだと思われがちですが、実は成人になってかもら何度も同じようなところにできては治ることを繰り返すという人も少なくありません。

思春期の頃には皮脂の分泌が旺盛になり、ニキビに悩む人が多く、18歳を過ぎるころからだんだんと少なくなるのは確かなのですが、30代になってもしつこいニキビに悩まされる人は少なくありません。医学的には尋常性ざ瘡という病気で、命にかかわるものではありませんが、適切なケアを行わなかったり、ケアが不十分なままだと跡が残ってしまうこともあります。

ニキビの症状が現れたら自己流のケアをしたり放置したりするのではなく、なるべく早く適切な治療を受けることがおすすめです。間違っても気になるからといって自分でつぶすという対処はしないようにしなければなりません。多くの人がニキビができた時にはまずはドラッグストアなどで専用のアイテムを購入し自分でケアすると答えています。

病院で専門の治療を受けるという人は、自分で対処したけれども良くならなかったためという理由が一番多いようです。治療では塗り薬が一番多く使用されますが、病院では飲み薬による治療もおこなわれます。ドラッグストアで薬を買って自分で治療したことで満足な結果を得られたという人は約5割程度ですが、病院を受診した人の場合7割もの人が満足できる結果が得られたと答えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *