キッチンの排水管つまりの原因と解消法

キッチンの排水管つまりに悩んでいる人は少なくありません。

では何故排水管つまりが起きてしまうのかというときちんと原因があります。それは食べ物のカスや油、そして洗剤の溶け残り等を流してしまうからです。その結果排水管の側面にこれらがこびりついて残って、つまってしまいます。特に注意しなければならないのが油です。料理に良く使われる油は非常に粘度が高くて、排水管に流してしまうとくっついてしまい取れません。

その状態の上に、食べ物のカスや洗剤の溶け残りが流れてきて、それらを吸着してしまい、つまってしまうので、そうならない前に対処しなければなりません。ではどうしたらきれいに排水管つまりを解消出来るのかというと、方法があります。それは熱めのお湯を注いでつまりをふやかし分解していくという方法です。温度は少し熱めの40~60度程度が最適で、ポイントは排水管に直接流していくという点です。

ただ一気に流してはいけません。それでは効果があまりないので、ゆっくりと時間をかけながら少しずつ流していきましょう。そうする事で、こびりついた油汚れがふやけていき、分解されて流れていきます。大抵はこの作業をやれば排水管つまりは解消されますが、それでも解消されない場合は一度排水管にふたをしてしまい、シンクの半分以上にお湯をたっぷりと貯めて、一気に大量のお湯で流してしまうという方法も有効です。完全につまる前であれば、このどちらかをやればほぼ排水管詰まりは解消出来るのでやってみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *