排水管つまりの原因と対処法について

一般的な住宅にはさまざまな配管が布設されていて、トイレなどの排水を流すための汚水管や、風呂や台所や洗面台などの排水を流すための雑排水管、屋根の縦樋の排水を流すための雨水管などが主な例であります。

毎日何気なく使っていた配管が詰まってしまうことは受ける影響は小さくなく、トイレが使えないことや入浴できないなどの支障が出ます。排水管つまりの原因になるのは、トイレであれば必要以上にトイレットペーパーを流すことや、生理用品を流してしまうことが考えられます。台所であれば、食器洗いの際に生ゴミや野菜くずや天ぷら油などを排水するが排水管つまりの主な原因であります。

天ぷら油は温度が高ければ流動性があって流れやすいのですが、冷めた油は流れにくくなるだけでなく周辺のごみといっしょに固まってしまうため、管の内部で固化して排水管つまりにつながります。通常、雑排水と汚水とが合流して公共下水道や合併処理槽に排水されていますが、汚水管にトラップと呼ばれる、管の中の臭いが配管を通じて室内に戻らない仕様になっています。このトラップは油や生ゴミが固着してしまう場所になりえます。配管が詰まってしまった場合は、排水口から水があふれ出ますのですぐに判明しやすいのですが、第一にどの系統で発生したのかを判明することが必要です。

その系統の使用を止めればそれ以上のあふれはなくなります。洗面器や便器の排水口にゴム製器具を置いて空気を送ることで、管の滞留物をある程度押し流すことが可能であり、つまりが解消されます。器具下部や桝の中にあるトラップの内部の滞留物を取り除くと流れが復活します。排水のつまりはマンションなどの集合住宅では、下階にまで排水が漏れ出ると壁やクロスを汚損させてしまいます。この場合は原因者である上階の住人の責任になり、清掃費用だけでなく損害賠償にまで発展することもありますので、迅速な原因究明と対処が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *