自分でもできる排水管つまり対策

排水管つまりは様々な原因が考えられ、詰まった場所によってもいろいろな原因があることが多く自分ではどうにもならない場合には専門の業者にお願いしなければならない必要があります。

トイレが詰まった場合には大量のトイレットペーパーが溶けきらなかったり、異物が詰まってしまうような原因があるようです。自分で試してみる場合には、ラバーカップで押したり引いたりを繰り返すことで詰まったものが移動して流れる場合もあります。浴室や洗面所等の排水管つまりの原因は髪の毛やひげ、ヘアピン等や石鹸カスやボディクリーム等が多く、洗面所では容器のふたなどが原因の場合もあるようです。

髪の毛などであれば市販のパイプクリーナーなどを使うことで、解消することも可能です。キッチンの場合には野菜くずや洗剤カス、油汚れなどが原因となることが多く、中にはスプーンなどの食器が排水管つまりの原因になることも少なくないようです。特に油汚れの場合は蓄積されていくと古い油が固まってしまうので、排水管が細く流れにくくなってしまうこともあるようです。

キッチンの場合にも専用のパイプクリーナーなどを定期的に使うことも有効です。できるだけ油は流さないようにすることが最も重要なので食器に残った油は拭いてから洗うようにするといいでしょう。油の蓄積にはシンクに60℃程度のお湯を張り、一気に流すことも効果的です。60℃以上にすると排水管が痛んでしまうので温度は上げすぎず油を溶かすようにすることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *