排水管つまりを自己確認する方法と解決策

浴室やキッチン・洗面所などで水を使用すると、必ず排水管へと不要な水を流す必要があります。

通常であれば水のみを流すので排水管つまりが起こることはありませんが、生活用水には不純物や異物等も混ざりがちです。これらは小さいのもであればそのまま下水道へと流れ出ていきますが、大きいものであったり堆積しやすいと配管内に取り残されて、次第に水の流れを妨げるようになります。排水管つまりが起こっていることを確認するには、排水口を見ると一目瞭然です。

スムーズに水が流れている時は排水口上で反時計回りで水が流れていきますが、何かしらの排水管つまりが起きていると「反時計回りの渦」が現れず、水が逆流して来るのが特徴です。この場合早急に詰まりを解消しないと、排水管から水があふれ出て室内が水浸しになる恐れがあります。排水管つまりを解決する方法としては水道修理専門会社に依頼をするか、自己修理をするの2つとなります。

前者であれば最寄りの専門会社を電話帳やインターネットを使って調べて、電話連絡をすれば迅速に対応してくれます。排水管つまりであれば約9、000円~1万円料金となり、ここに工賃と出張費が別途加算されるのが一般的です。自己修理であれば、ホームセンター等でワイヤーブラシという道具を購入して排水管内を掃除しますが、コツを掴まないと難しい作業となります。初めて詰まりを経験された場合は、専門会社に依頼するのが得策でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *