トイレのつまりが起きたら漏れないように注意

トイレのつまりの原因は、だいたいは変なものを流してしまうことです。

よくあるのがティッシュペーパーをトイレに流してしまうことです。ティッシュペーパーはトイレットペーパーと見た目は同じように見えるため、子供などはついうっかり流してしまいがちですが、ティッシュは水に溶けない素材でできているので、つまりの原因になってしまいます。食べ物もつまりの原因になります。酔っ払った後に便器で嘔吐する人がよくいますが、つまらせる原因になるのでこれはやってはいけません。

嘔吐はビニール袋などにして、ちゃんとゴミに出すようにしましょう。食べ物の中でも特に油は強力につまる原因になります。油は排水管に付着して残り続け、そこにさらに他の異物が付着してどんどん大きくなり、水の流れを堰きとめるようになっていきます。猫用の砂で、トイレに流せると謳っているものもありますが、大量に流すとつまる可能性があるので、できれば流さない方がいいです。

トイレがつまったら、無理に水を流してはいけません。無理に流すと水が漏れてきて大惨事になります。しばらく様子を見て、徐々に水位が下がっていくようならわりと軽症なので、漏れないように少しずつ水を流したり、ラバーカップを使ったりしていくとすぐに直るかもしれません。まったく水位が下がらない場合は、重症なので早く修理を依頼した方がいいでしょう。漏れると大変ですから、応急処置として止水栓や元栓を閉めておくのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *