水道工事をする際の費用について

家のリフォームや家を建てた事がある方なら水道工事を経験した事があるかもしれません。

水道工事の費用は安くはないので予め費用を把握しておくと良いでしょう。水道工事には様々な種類があります。下水道排水工事や給水管の引込工事、室内の配管などです。室内の配管は10万円から20万円、給水管の引き込みは30万円から50万円かかります。下水排水に関しては20万円から50万円です。このように水道の修繕にかかる費用は高額で、内容によって金額に差が出ています。

費用に違いが出てくるのかは、家の前まで排水管がきていない為に床や壁を壊す必要がある事です。家の前まで配管が来ていない事で、地面を掘って配管をする必要があります。また、道路を挟んで配管が通っている場合など、大掛かりな作業の場合は警備員等を雇う必要があるので余計に費用がかかってしまいます。事前に管の位置を把握しておくのが良いでしょう。

家を建築してしまい、配管の位置を把握していなくても、状況によって高額な費用が発生するという事だけは頭に置いておく必要があります。配管が通っていても、壁や床を壊す必要がある場合は更に費用がかかます。基礎がなくて土間の下から取り出す必要があれば費用がかかります。その他、パッキン交換等だけならば費用は安くなりますが、配管に亀裂が入っていたりすると余計に費用がかかってしまいます。これらの事に十分に押さえておくだけでも心構えがことなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *