詰まりと水漏れのトラブルが起こったら

トイレやキッチン、洗面台、浴室などの水回りで起こりやすいトラブルに「詰まり」と「水漏れ」があります。詰まりを放置すると嫌な臭いが立ち込め、夏場であれば腐敗臭がひどくなります。特に、トイレが詰まってしまうとピンチであり、汚物による衝撃的な臭いがトイレ内だけでなく家中に充満します。また、水漏れが起こると床が傷み、長く放置するとカビの原因にもなります。

水道代を無駄に支払うことになりますし、どちらも迅速な対処が必要となってきます。しかしながら、詰まってしまったから、水が漏れているからといって、すぐにプロを呼ぶ必要はなく、まずは自力で対処してみることも大切です。キッチンや洗面台の排水パイプの詰まりに役に立つのがワイヤーブラシですが、すぐに用意できる家庭はあまり多くありませんので、市販のパイプ洗浄剤を用意して使うと良いでしょう。トイレの場合はラバーカップがあれば大抵の詰まりは解消されますが、ラバーカップが有効なのは比較的手前で詰まっているケースです。

下水管に近い場所の詰まりにはあまり効果がないため、直らない場合は水道会社に連絡を入れましょう。水漏れで多いのは、蛇口ならハンドルの中のパッキンの劣化、トイレなら温水洗浄便座のストレーナーという部品の劣化です。蛇口もトイレも、壁との接合箇所から水漏れが起こることもあります。部品の劣化であればそれを交換するだけでわりと簡単に解消されます。

トイレの温水洗浄便座本体から水が垂れている場合は、触らずにプロに相談する方が安全です。電気が通っているものなので、むやみに触らないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *