シンクのS字トラップ詰まりと汚水漏れを修理する方法

一般家庭ではキッチンや洗面所・浴室などに専用の水回り設備が備わっています。どの設備も使用目的に特化した形状となっており、水を水道管から出すのはもちろんのこと、使用済みの汚水も流せるようになっています。この中でシンクというキッチンに備わっている設備に至っては排水管がS字の形になっているのが特徴です。シンクの排水管がS字になってる理由は、野菜等の生ごみが下水管へと直接流れ込まないようにしてるからであり俗に「S字トラップ」という名称で呼ばれています。

このトラップがあることで配管詰まりが起こりやすく、それと同時に汚水漏れも誘発されるので発生した際は迅速に対応するのが望ましいです。水道修理のひとつになるので個人で対応するのが難しいように感じますが、ホームセンターでは専用の修理道具が販売されているのでコツを掴めば自身で対応できます。S字トラップ詰まりを解消するために使用する道具は、「パイプクリーナー」です。このパイプクリーナーはS字詰まりを解消するための専用道具として販売されており、先端に備わっているブラシは柔軟性のあるワイヤー製なのが特徴です。

修理をする時はまず汚水漏れを止めるために汚水桝の弁を閉めます。汚水桝は庭先等の下水管へとつながる箇所にあり、必ず各家庭に設置されてます。汚水漏れが止まったらあとはシンクからパイプクリーナーを挿入して、S字トラップの箇所で前後左右に動かしながら異物を除去すれば修理は完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *