iPhoneXアプリをJavascriptで作る

iPhoneXアプリは開発用のプログラミング言語を選ぶことができる時代です。


アップルが用意している開発ツールはXcodeと言われ、Objective-cもしくはSwiftを使って開発をします。


ただし、これらの開発言語ではAndroid用のアプリは作れません。

iPhoneXとAndroid両対応させるためにはAndroidで一から作り直す必要が出てきます。工数が増えるだけではなく、両対応させることで相乗効果でアプリ導入が増える可能性が高まりますのでチャンスを失わないためにも開発の効率化が求められています。


そこで注目されているのがJavascriptを使ったアプリ開発です。
現在Javascriptでアプリが作れる環境は大きく分けて2つあります。


1つはPhonegapと呼ばれるオープンソース系の開発環境、もう1つはTitniummobileと呼ばれる開発環境です。
どちらもJavascriptを用いてアプリを作れますし、iPhoneX、Android同時公開ができます。

ソースコードが共通になるので開発効率が上がります。


しかも、Phonegap系の開発環境はWEBデザイナーでもアプリが作れる開発環境であり、HTML5とJavascriptによるアプリ開発はWEBサイトの開発にも似たものであり対へ好評を得ています。

また、これらの環境でこれまで難しいといわれてきたゲーム系の開発もライブラリが揃ってきたことで進められるようになりましたiPhoneXのアプリといえば難しいプログラミング言語を使わないと作れないと言われていますが、実際にはホームページやブログなどで利用されることが多い、JavascriptとHTML5での開発が可能になっています。
iPhoneXアプリのうち3Dを多用している場合には作れますがFPSが高くならないことが多いのですが、2Dのゲームや軽い3Dのゲームなら問題なく作成できると言われています。


また、ツール系などは特に得意なことが多く、iPhoneXアプリ開発者のうち、HTML5とJavascriptで開発した人の割合が急激に増えてきています。

純正開発環境はiPhoneXのハードすべてを使える、速度改善がし易いなどの特徴がありますが、サードパーティ製の開発ツールでも機能面では引けを取らないようになってきています。

さらにオープンソースでの開発なので純正開発環境に負けない機能が続々導入されています。
HTML5とJavascriptで作るアプリはHTML5でデザイン部分を担当し、Javascriptで動作を担当します。



それぞれが得意分野を作れるということでWEBデザイナーからの評価も高いようです。



ただし、サードパーティ製のツールの中には純正開発環境のライブラリを使ってビルドする場合があり、Windowsでの開発に制限がある場合があります。



これはiPhoneXアプリのビルドツールやライブラリを使わないとアップストアの審査が通らないことがあるからです。