iPhoneXのアプリ開発の手順

iPhoneXのアプリ開発はAndroidと同様にいくつかの手順をこなさなくてはなりません。

iPhoneX用にアプリ開発に使える開発キットはアップルだけではなく、サードパーティ製も無償、有償で多数用意され、アプリ開発者のアイデアを実現できる仕組みが整っています。
アプリは開発キットを利用して作りますが、プログラミング言語としても多彩です。

アップルの開発キットではObjective-cやSwiftが利用されますが、サードパーティ製の開発キットを利用すれば、Java、C#、Javascript、Ruby、Lua、HTML5など多彩な言語での開発が可能です。

サードパーティ製の開発キットは最終的にiPhoneXで動作するプログラムに変換されますが、変換効率や変換後の動作速度などは各社でかなりの差があるようです。



開発キットにはシミュレータが入っていることが多いですが、アップル純正のシミュレーターを利用する場合も増えています。
シミュレーターでの動作が確認できれば実機での確認となります。
iPhoneXは一部を除いてアップストアを通さないアプリを稼働させることができませんが、有料のデベロッパー登録をすれば設定したiPhoneXならアップストアを通さなくても実機確認ができます。

動作に問題がなければアップルにテストを依頼します。


このテストはAndroidではないものでアプリをアップルが動作保証してくれるものであり利用者からは大変好評ですUnityはUnity社が開発しているゲーム開発環境です。



C#というプログラミング言語を利用して細かい制御ができたり、豊富な追加プログラムが用意されていることから特にゲーム開発において注目されています。
iPhoneX向けのゲームアプリは3Dと2Dがありますが、Unityはどちらのゲームも作成でき、また、iPhoneXだけではなく、Androidにも1つのソースからアプリを作成できます。
Unityはゲーム専用機やPC向けのゲームも作れることから、それらのノウハウがそのままiPhoneXのアプリでも利用できるとあって個人はもとより、ゲーム開発会社でも採用が進んでいます。

Unityは統合開発環境なので画面作成から細かい制御まで可能です。
特に画面作成についてはGUIキットや画像を巧みに利用でき、詳細な画面構成も可能となっています。

RPGのようにマップが広大になる場合でも対応しやすい構成となっており、3D中心に考えがえがちなゲーム開発において2次元のテーブル型やRPG、カードゲームにも広く対応が可能です。



UnityはC#を使って開発が行なわれていますが、C#はWindowsでよく利用されるプログラミング言語であり、開発者がとても多いのも魅力です。
人材確保がしやすく、また、使いやすいツール環境、そしてなにより、1つのソースコードからさまざまな環境にアプリを出せる柔軟性は純正開発環境にはない魅力となっています。