iPhoneXのアプリを広く使ってもらう

iPhoneXのアプリはAndroidのアプリよりも数が多く、また、品質が高いことでも知られています。日々新しいアプリが公開されていることもあり、これからアプリを作成する上ではいくつか考えておきたいポイントがあります。

1つはアップストアでの検索順位、もう1つはアップストア以外での広告です。

iPhoneXアプリは必ずアップストアに登録され、ダウンロードされます。


そのため、いわゆる勝手アプリが利用できません。


iPhoneX用のアプリはアップストアに登録されて初めて広く利用されることになります。

しかし、たくさんのアプリが登録されているので同じようなアプリが多数並ぶことになります。

そこで重要なのが説明文と対応OS、そしてスクリーンショットと言われています。

アプリが多数あることで利用者は検索を行います。

検索は説明文を主に検索するのでキーワードを適切に埋め込む必要があります。

また、比較的新しいOSを利用するユーザーが多いiPhoneXですが、古い世代のOSにも対応させることでユーザーを獲得しやすいとも言われてます。

そしてアプリ説明画面まで誘導できればスクリーンショット次第でダウンロードしてくれるかが決まるようです。



そしてアプリに誘導する意味ではブログやYoutubeでのアプリ宣伝も重要です。



特にYoutubeでの動作画面はスクリーンショットと同様にユーザーの判断基準となっていると言われており、多くのアプリが力を入れてきていますiPhoneXでアプリを購入するためには、ストアにアクセスする必要があります。

ストアにはホーム画面に並んでいるアプリ一覧の中にあります。

ストアにアクセスすると、まずアカウントの有無の確認をされます。


アカウントを作成済みであれば、作成したIDとパスワードを入力すると良いです。

もし、アカウントを作成していないのであれば、作成する必要がありますが、作成は無料で行うことができます。



作成にかかる時間は5分程度で、しかも希望するIDとパスワードを入力するだけで簡単に済ませることが出来ます。

作成したアカウントはアプリの購入だけでなく、様々なことに利用可能です。


iPhoneXのアプリには有料のアプリと無料のアプリが存在します。

有料のアプリの方が広告がなかったりと良い部分が多いですが、無料のアプリでも機能的には十分で普通に使うなら問題ありません。


ダウンロードしたホーム画面に自動追加され、起動できるようになります。

特定の操作は必要なく誰でも簡単にアプリを操作することができ、また終了させることができます。

iPhoneXのアプリは基本的に自動更新になります。通信できる環境にさえいれば、本体側で自動的にアップデートが行われます。知らないうちに地図が更新されたり、ゲームのコンテンツが増えたりと良いことばかりです。

iPhoenのアプリは魅力的なものが多く、ゲームだけでなく普通に生活においても様々な活用方法があります。